白髪のうねりはトリートメントで改善できる?

白髪のうねり・縮れ・チリチリ・ごわごわ・ギシギシ・パサパサ・・

 

 

白髪の悩みは付きませんよね( ;∀;)

 

白髪染めをしてもしなくても、白髪は黒髪よりも乾燥しやすくキシキシしたり、うねりやすい傾向があります。

白髪のうねりの理由は

なぜか白髪になるとうねりが気になりますよね・・・

 

うねりやパサつき、ごわごわな髪の毛だと、老けて見られたり印象もよくありません。

 

 

白髪のうねりの3つの理由をみていきましょう。

 

メラニンがなくなった空洞が原因

白髪がうねる理由としては、黒髪の元となるメラニンがなくななり空洞になった部分がうねりとなります。

 

メラニンホールと呼ばれる空洞により、白髪は髪の毛の水分や油分が逃げやすくなってしまいます。

 

 

乾燥するとメラニンホールが縮んだり、湿度が高いと膨らみ、髪の毛の形が変わりやすくなります。

 

これがうねり・パサつき・ごわつきが白髪にでてしまう理由です。

頭皮の老化が原因

加齢により、頭皮も老化します。

 

頭皮の老化により、頭皮は固くなり柔軟性がなくなります。

 

 

ハリや弾力がなくなることで、本来丸い毛穴の形が偏平な楕円になってしまいます。

 

楕円形の毛穴から生える髪の毛は、にょろにょろっとしたうねり、ちりちりちぢれたものになってしまいます。

 

髪の毛が痛みが原因

パーマやカラーリング(毛染め)をしていると、髪の毛の水分・油分が逃げてしまいます。

 

 

傷んだ髪の毛は、乾燥しパサパサ・ごわごわな手触りとなり、うねりがでてしまうのです。

 

普通のカラーに比べると白髪染めは、頭皮や髪の毛へのダメージが強いのでうねりやパサつきがでやすいんです。

 

白髪のうねりを改善するには

白髪のうねりをどうにか改善したいですよね。

 

白髪染めを始めると、頻繁に白髪染めをしないと根元から生えてくる白髪が気になります。

 

 

白髪染めを続けながら、うねり・ごわごわをケアする方法をご紹介していきます。

 

白髪のうねりを改善する方法は4つ。

 

髪の毛の保湿

白髪のうねりやチリチリ・ごわごわには、髪の毛の保湿が効果的です。

 

 

シャンプーやトリートメントを高保湿のものに切り替えたり、ヘアパック、ヘアオイルがおすすめです。

 

頭皮ケア

うねりやチリチリした毛を改善するには、毛穴の形を丸くするのが理想です。

 

 

頭皮のエイジングケアとして、頭皮のマッサージがおすすめ。

 

何もつけずに、頭皮をマッサージをするのもおすすめですが、スカルプ用のマッサージオイルやクリームをつけてマッサージします。

 

髪の毛のダメージ補修

髪の毛のダメージをケアするのも、髪の毛のうねりやごわごわ・チリチリに有効です。

 

 

シャンプーやトリートメントを保湿タイプに変えてみるのもおすすめ。

 

水分や油分が抜けて、スカスカになった髪の毛に潤いを与えて、ツルツルの髪の毛を目指しましょう♪

 

良質なたんぱく質を摂る

髪の毛の8割はたんぱく質でできています。

 

 

肉・魚・卵・大豆など良質なたんぱく質を摂るのも、健康な髪の毛をつくるポイントです。

ページの先頭へ戻る